2011年05月18日

狙った構図の写真を撮るには・・・

狙った構図の写真を撮る為には時間がかかる。

止まったものや風景画を撮るのはそう難しい事ではないのだが、人物やペット、更に日常生活の中の1シーンを撮る場合は難しい。

見る人が見れば、無理くり作ったものであったり、わざとらしさがにじみ出てくるものとなってしまう。

スナップ写真などは根気強く行くしかないだろう。その為には常にカメラを持ち歩かなければいけなくなってしまう。

結構邪魔と思う場合もあるが、そういう時は小型カメラなどが良いだろう。

色々なタイプの小型カメラが出ているのでおもしろい。

一つぐらいはもっていたら自然な笑顔や今このシーンを撮りたいというときに重宝するだろう。

しかも周りにカメラを意識させずにだ。

こんなタイプや

【小型カメラ】防水60m fullHD画質 腕時計型フルハイビジョンカメラ【W040】 先行入荷2011秋冬モデル・ハイビジョン
羅針盤をワンポイントにカレンダー機能を実装したかっこよさはデザインに満ちあふれています。新型の進化したフルHDモデル。こいつは毎日の楽しみになりそうだ。

ベルトやボディーは違和感無く、まったく普通の腕時計そのもの。
不自然な厚みなどは感じられません。

このサイズにHDクオリティーでこのサイズに収めてさらにパワーアップ
なんと60mの防水仕様。
ダブルオーセブン007のハイテクがついにフルハイビジョンの領域へ
次世代カメラが手に入る次代になりました!

連続60分~90分の動画撮影に対応!

会議やビジネスに!海辺や山登り、スポーツのお供に!
ペットの撮影や子供の何気ない表情の記録にも最適!

完全60m防水!フルハイビジョン画質の腕時計型ビデオカメラです。
19,950円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング


こんなタイプもある

【小型カメラ】ペン型ビデオカメラ「HD画質 1100万画素 16GB対応」 次世代型ペンカメラ
「最新次世代型」ペン型ビデオレコーダー【男前ブランド】スーパーペンⅠ

●新OS/Windows7に対応

◎次世代型ペン型ビデオカメラの最高峰
◎機能「録画録音、静止画撮影」Webcamera
◎動画はHD画質で高画質再生
◎静止画は1100万画素レベルの最高バージョン
◎ACアダプター仕様で、高速充電が可能になりました
◎軽量化をはかり、直径も従来製品より2mmカットに成功しました。それによりフィット感大幅アップ
◎従来製品との違いは「録画中」ランプが消灯します

*ビジネス、プライベートに活躍できるペン型ビデオレコーダー
7,980円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング


こんなタイプは重さを感じない為、首からさげるのもいいかもしれない。

【小型カメラ】ミニカメラビデオ micro-SD 32G 1600*1200画素 30fps Windows7対応
ビデオ録画(640*480、30fps)、写真(1600*1200画素)の撮影ができる22*22*23mm、9gの超小型ビデオカメラ
 
◎再生にはUSB専用ケーブル(付属)が必要
◎被写体に違和感なくレンズが向けられる
◎メモリーはmicro-SDを差してください。
 
●カメラの形
とってもコンパクト。操作は簡単。録画スタート・ストップのボタンを押すだけ。レンズも直径1mm程度の穴のみ。
 
●ポケットに入る超小型ビデオで持ち運び便利、しかも画像は鮮明。
 
メモリーはmicro-SDにて対応(別売)最大32GB
8,679円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング


PR 撮影塾
posted by きのぴお at 14:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

自己満で十分。

写真を撮るにあたって、私はうまい写真を撮ろうとは思わないほうが良いと思っている。

なぜなら、見る人が見れば、わざとらしい写真となってしまうためだ。

写真展などにはめったには見かけないが、インターネット上にはシチュエーションを作り上げた物がおおく、ぎこちなさが感じられるはずである。

好きなものを撮ることや、カメラが好きで、何となく撮影してみる。こういったほうが良い写真が多い。

写真の審査をしたときも、やはりビギナーの方がこれは!と目が引くものが多かった。

少し慣れてくると小手先のテクニックで交わそうと思う人が多いらしく、心がひきつけられるものが極端に減ってしまう。

それが慣れてくると、すばらしいものになることもそうなのだが。

ただ、自分の伝えたいものや、自分が見て、感動したものや事。これが大事だと思う。

そういった自分の感情から、人は魅せられるものである。

シミ取り 通販
posted by きのぴお at 14:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

感性は教えれない。

写真の撮影にはテクニックも大事だが、感性が大事である。

撮影時にこういったものをとりたいと頭に描けば大体がそのようにとれる。テクニックは教える事ができるが、感性はその人それぞれ違う為、なかなか教える事はできない。

小手先のテクニックを大事にしてしまうと、人を魅了するような写真は取れず、単なる撮影がうまい人になってしまう。

コスプレ

香水

絞りやシャッタースピード、フィルム感度、この三点で基本的には光量を調節し、適正露光を取り込むだけである。

講師をしていたときは、基本的にな事は教える事はできた。

だが、実際出来上がった写真を見れば、この人が何をとりたいのかということがうまく伝わってこない写真が多かったものだ。

これは感性によるものなので、本人が良いと思うのであれば良いのだが、目を引く写真を撮るには多長力不足である。

美白

部分痩せ

それでも、シャッタースピードを速めにし、背景をぼかし、躍動感を入れるなど、単純な事で、写真は違ってくる。

やはりとり続けることで、こういった撮影もできるというのを頭にインプットしなければいけないわけで、感性を鍛えるには、人の写真を沢山見る。

これが一番のようだ。

今のカメラの技術はすばらしく、ワンタッチで、ほとんどが自分のとりたいものがとれる。

長時間露光のようなとりかたや、スポーツ写真。カメラに記憶しておく事ができるのだ。

マニアルでなくオートまであれば、SとF値が出るはずなので、その露光の割合で、調節していけば簡単である。

F値が4でSが1/60であれば光をライン状に流したいのであればF値は絞り、シャッタースピードは遅くする。

逆に背景をぼかしたい場合はシャッタースピードを速めにし、絞りは開くという形だ。

適正露光はその場所場所で決まっているので、きちんと図ったほうが正確ではあるが、オートマであれば半押しで分かるであろう。

カメラ

Yahoo
posted by きのぴお at 11:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。